So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

進撃の巨人(実写版)を観てきた。(ネタバレは「続きを読む」のあと) [映画]

「進撃の巨人」を観ました。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (^^)

六本木ヒルズのTOHOシネマズで「MX4D」で観ました。

自分としては、巨人に壁をこわされて、巨人の侵入を許してしまったあとの町の混乱振り、逃げ惑う人々の描き方は、かなり緊迫感があってよく表現されているなとおもいましたね。

酷評する方もいらっしゃいますが、私は、まぁまぁ、10点満点の6ぐらいかなと思います。

(この先はネタバレ含みます)

まずですね。

登場人物設定とか、ミカサの設定とか、変えてしまう必要性があるのかな?っておもいますね。

アニメを実写化すると、たいていそうなんですが、設定を変えちゃう。

製作側は「アニメをそのまま実写化したんでは、意味がない」とでも思ってらっしゃるのでしょうが、観るほうは、それが観たいんですよ!
そのままが観たいの。
どんな感じでリアルとしてみれるのかが、観たいんですよ。

そこは、ユーザービリティーとでもいうんでしょうか、そこを難しく考えすぎな気がします。

ま、でもね、この作品自体が、突っ込みどころ満載なんですが、それでもその実写版といえば、どんなリアル映像になるのかが、観たいんですよね。

エレンとミカサが、巨人が侵入してきた街中を逃げるんだけど、そこで、どこぞの赤ちゃんが転がって泣いているのをミカサが発見し、助ける場面。
それで、二人は離れ離れになってしまうのが、この映画の第一の分岐点。

そこで、話が変わっちゃうんだよな~。

結局、ミカサは巨人に襲われたが、一命をとりとめて、兵士になっていた。

すでにミカサは死んでしまったものだと思っていたエレンは、彼も別に兵士になった。

その後、巨人と戦っている最中に二人は再会。

でもミカサのそばには、シキシマがいた。

なんか、二人は良い仲の雰囲気~。

強そうなミカサだったが、独りになるとピアノをポロンポロン弾いて、エレンに”女”をみせてしまう。

ピアノの場面、いらねーし。

兵士の中には、新婚夫婦がいて、いつもいちゃいちゃしている。
こともあろうか巨人と戦っているというのに、物陰でチョメチョメを初めてしまう。

案の定、巨人に見つかり、旦那はおそわれてしまう。

なーんで、この手の映画に、なんでロマンスをぶっこんでくるのかね?

エレンも兵士の女性に誘われ、胸に手を持っていかされ、「え~っ!」みたいな場面で、はい、巨人登場!
女性兵士をひとのみでした。

新登場のシキシマも、リヴァイがいないのでちょっとはその設定に期待したんですが、ただのエロ上司にしかみえないですね。

立体起動装置のCGも、いまいち、躍動感がないようなきがしますね。

これは、MX4Dで観なくてもいいかな。

あ、そうそう、この映画、巨人役の役者さんたちが、かなりの熱演。
アップで写るので、おいしい仕事。

ハンジ役の石原さとみさんが、これは100点をあげれるハマリ役。

続編を観るか観ないかといわれると、たぶん、観るでしょう。

高橋みなみ、が出ていたらしいんだけど、わからなかった。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。